ball

1957年(昭和32)から1966年(昭和41)

昭和32(1957)年

昭和32年(1957年)田中實監督
中西貞博、竹島 悟、山下清隆、北浦正弘、神尾義介、山口楡貴男(逝去)、木村督司(逝去)、浦岡義信(逝去)(8名)
竹島 悟 は多良見町でソフトボール監督

第20回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工13−9瓊浦
準決勝 長崎工1−8長崎西
3位決定戦 長崎工0−7海星

第5回NHK杯大会

長崎地区
1回戦 長崎工4−1瓊浦
準決勝 長崎工2−9海星
3位決定戦 長崎工0−7長崎東

第39回全国大会
32natu

県大会
2回戦 長崎工8−3佐世保北
準々決勝 長崎工2−3長崎西

第21回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工6−9長崎南山

昭和33(1958)年

昭和33年(1958年)田中實監督
●3月 中西貞博(OB会顧問)卒業
●上田隆敏、三浦龍児、片岡訓彦(逝去)、秋山 進(逝去)、竹森 智(逝去)(5名)

第22回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工2−0長崎東
準決勝 長崎工2−4長崎南山
3位決定戦 長崎工11−2長崎商
県大会
1回戦 長崎工3−2鎮西学院
準決勝 長崎工0−2海星

第6回NHK杯大会

長崎地区
1回戦 長崎工1−5長崎西

第40回全国大会

県大会
1回戦 長崎工0−1北松南

第23回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工7−0長崎東
準決勝 長崎工0−1長崎南山
県大会
1回戦 長崎工7−2島原
準決勝 長崎工0−6海星

昭和34(1959)年

昭和34年(1959年)田中實監督
●4月 時田勝年(OB会顧問)入学
田嶌 勉、下田好之※、水浦幹雄、安田在出、山下 隆、大久保尚繁、浜山修三、福富正稔(逝去)、小崎 進(9名)
田嶌投手(東芝セラミックスで投手として活躍、長崎市立大浦中では元海星監督的野氏と同級生)

第24回九州大会

長崎地区
準決勝 長崎工1−4長崎商
3位決定戦 長崎工0−2瓊浦

第7回NHK杯大会

長崎地区
1回戦 長崎工1−2海星

第41回全国大会

県大会
2回戦 長崎工0−2諫早

第25回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工4−8長崎東



昭和35(1960)年

昭和35年から昭和37年まで 田中欣一監督

●田中欣一監督(昭和35年から昭和37年まで)
中村和夫、松山勝利、矢竹忠勝、山中 勲、中村 戦、森川正勝(6名)

第26回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工0−6長崎西

第8回NHK杯大会

長崎地区
1回戦 長崎工3−4長崎商

第42回全国大会

県大会
2回戦 長崎工10−0島原
3回戦 長崎工2−3瓊 浦

第27回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工2−1長崎商
3位決定戦 長崎工1−2長崎南山



昭和36(1961)年

昭和36年(1961年) 田中欣一監督

●4月 森 信二郎(OB会名誉会長)入学、卒業後大長崎建設のエースとして活躍
時田勝年、松村喬二、馬場敏彦、宗 八朗、野原富安※、尾上孝一、本川雅昭、勝田繁昭、新見英雄、中浜不郎、長岡(一ノ瀬)修、中島秀典、榎 芳宏(13名)
時田勝年捕手は三菱重工長崎で硬式野球で活躍、卒業後家野町時代の長工グランドにきて後輩を指導、またOB会の顧問を引き受けていただいている。現在も(2017年)シニアソフトボールで活躍。
野原富安投手(三菱重工長崎軟式野球部の投手として活躍 )


s37_tokita

第28回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工2−0瓊 浦
準決勝 長崎工4−0長崎西
決勝 長崎工1−4長崎南山
県大会
1回戦 長崎工3−6西海学園

第9回NHK杯大会

長崎地区
1回戦 長崎工5−6海星

第43回全国大会

県大会
1回戦 長崎工2−1島原
2回戦 長崎工2−4佐世保商

第29回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工3−8長崎西

昭和37(1962)年

昭和37年(1962年)田中欣一監督

●鷺池弘幸、中嶋敬二郎、矢野広祐、網 忠明、青木 忠、渡部由起夫、江川安行(7名)
3月時田勝年(OB会顧問)卒業。

第30回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工1−0瓊浦
準決勝 長崎工1−4長崎商
3位決定戦 長崎工1−6長崎西

第10回NHK杯大会

長崎地区
1回戦 長崎工0−8長崎南山
第44回全国大会
県大会
1回戦 長崎工2−1佐世保南

第31回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工3−1海星
準決勝 長崎工5−4長崎西
県大会
1回戦 長崎工2−4鎮西学院

昭和38(1963)年

昭和38年から昭和48年まで 田口和雄監督
田口和雄監督着任(対馬高ー日体大,ラグビー部で活躍 昭和38年から昭和48年まで監督)
●4月 今村圭一(OB会理事)、山内英夫(OB会事務局)入学
●主将 笹田雄二※、森信二郎、山下恒男、岩崎大洋、板山好春※、井邑信弘(6名)
森ー笹田のバッテリー、森 信二郎は本格派速球投手大長崎建設でエースとして活躍、笹田は強打強肩、山下は立石電機(現オムロン)武雄市在住で佐賀県生涯野球の理事、阿部慎吾は1年生で三塁手
森 信二郎(投稿文卒業して半世紀)
●第33回九州大会は鹿児島鴨池球場で長工は16年ぶり出場したが1回戦で鹿児島商に1−8(7回コールド負け)原口ー堀川

第32回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工5−1長崎東
準決勝 長崎工6−3長崎西
決 勝  長崎工2−4海星
県大会
1回戦 長崎工4−5西海学園

第11回NHK杯大会

長崎地区
1回戦 長崎工0−2海星

第44回全国大会
県大会

1回戦 長崎工2−3佐世保商

第34回九州大会
33kyushu

長崎地区
1回戦 長崎工3−2九州経営
準決勝 長崎工1−3海星
3位決定戦 長崎工3−1長崎東
県大会 
昭和22年の第1回大会以来16年ぶり優勝。26年春長崎市で開催された第8回大会以来3度目の九州大会出場

2回戦 長崎工7ー5大崎  新聞記事clik here
準決勝 長崎工6ー4諫早  新聞記事clik here
決 勝 長崎工4ー3 佐世保南  新聞記事click here 新聞記事click her         
長  工 0 0 2 0 1 1 0 0 0 4
佐世保南 0 0 0 0 1 2 0 0 0 3
(長工)原口、本村—堀川
(佐南)中原−川村
▽三塁打 石田(佐)
▽二塁打 原口 (長) 吉村(佐)

第33回九州大会(秋)

長工1−8鹿児島商   新聞記事clik here
鹿児島商 3 3 0 1 0 0 1     8
長  工 0 0 1 0 0 0 0     1
7回コールド 
(鹿商)秋葉—上原
(長工)原口—堀川
▽三塁打 原田(佐)
▽二塁打 篠原2、荒田(佐)   
kagosima

昭和39(1964)年

昭和39年(1964年)田口和雄監督
●3月 森 信二郎(OB会名誉会長)卒業、4月 古澤正美(OB会理事)入学
●主将 倉本博昭、原口修、本村広喜、川崎太一、堀川隆夫、小田原雄二、瀬戸口昌夫、(7名)
●OB会も父兄会もなく、田口監督が一人で奮闘していた。唯一OBは第1回生の東森さんが一人後援会という形で応援してくれた。貧乏所帯でバット、ボールは満足になく、九州大会に着ていくウインドブレーカーは10着しか揃えることができず、残りの選手は学生服というような状況でした。
川崎太一は小柄ながら度胸の良さで2番センターで活躍、大学進学後長崎県庁、主将倉本博昭は大日本インキ、原口修投手は東レへ 、リリーフだった本村広喜は夏の大会ではエースに成長、春の九州大会で準優勝した海星を2点に抑えた。
堀川先輩は三菱重工広島で硬式野球で強肩捕手として活躍(新聞記事参照
●第34回九州大会県大会決勝長工3−12海星(地元開催3校で4度目の九州大会出場)
第34回九州大会 長工3−5熊本工
●第46回全国大会県大会代表決定戦 長工0−2海星
40kyushu

 

第34回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工3−2長崎商
2回戦 長崎工1−0五島
準決勝 長崎工1−3海星
県大会
1回戦 長崎工2−0大崎   新聞記事clik here
長  工 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
大  崎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(長工)原口—堀川
(海星)石川ー松本
▽二塁打 倉本(長工)

準決勝 長崎工6−1長崎東  新聞記事clik here
長崎東 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
長 工 0 0 2 0 2 0 1 1 × 6
(長工)原口—堀川
(長東)河本ー古川
▽三塁打 松村(長工)
▽二塁打 松村、倉本(長工)、上地2、岩下(長東)

県大会決勝 長崎工3−12海星 新聞記事clik here
長  工 0 0 0 0 0 0 0 2 1 3
海  星 2 0 6 0 0 3 0 1 × 12
(長工)山内、原口、本村—堀川
(海星)平下−川野、玉川
▽三塁打 川野(海)
▽二塁打 原口、川崎、阿部、藤山(長)、坂口(海)

※県大会決勝で海星に12対3で負けたが長崎開催のため3校出場(3校目は長崎東)
九州大会1回戦  長崎工3−5熊本工  新聞記事clik here 新聞記事clik here 新聞記事clik here
長 工 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3
熊本工 1 0 2 0 0 0 0 2 × 5

(長工)原口、本村—堀川
(熊工)立田、永田ー森
▽三塁打 井村、山村、田中久(熊工)
▽二塁打 内田、田中久(熊工)原口(長工)

39kumakoorder

第12回NHK杯大会

長崎地区
1回戦 長崎工0−1長崎東

第35回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工0−7長崎商

第46回全国大会


motomura
県大会
1回戦 長崎工12−0鹿町工
2回戦 長崎工8−4佐世保北   新聞記事clik here  新聞記事clik here
3回戦 長崎工13−1長崎南   新聞記事clik here
長 工 2 0 0 4 0 0 7 13
長崎南 0 0 1 0 0 0 0 1
(7回コールド)
(長工)山内ー堀川
(長南)八木、池田ー川野
▽三塁打 松村(長工)
▽二塁打 松村、阿部(長工)
代表決定戦  長崎工0−2海星
長 工 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
海 星 0 0 1 0 0 0 0 1 × 2

(長工)本村—堀川
(海星)平下−川野
▽三塁打 阿部、山内(長工)

昭和40(1965)年

昭和40年(1965年)田口和雄監督

主将 阿部慎吾、山内英夫、松村(金丸)裕、今村(神崎)圭一、藤山 徹、山道 登、梁地 隆※、川口正男(逝去)(8名)集合写真
阿部は1年夏から三塁手、卒業後三菱化成の硬式野球で活躍、俊足強打者松村(金丸)は奈良尾クラブで監督、選手として活躍、昭和62年の第38回長崎県軟式野球選手権大会ではサヨナラ本塁打を放つなど活躍、藤山は夏の大会佐世保南戦で左翼スタンドにホームランを打つ、就職した長崎記念病院ではソフトボールのエースとして67歳(2014年現在)の今も頑張っている。神崎(今村)は捕手兼務の名マネージャー。県庁野球部、また高校野球審判員として41年間勤める。長崎県審判協会より平成15年に10年以上表彰、平成19年には朝日文化球育賞を受けている。
山内は藤岡石油ー県庁(県工業技術センター、藤岡石油で大分国体、県庁で44年長崎国体出場)長工クラブを創設(長崎県軟式野球連盟1部)1972年昭和47年当時のメンバーは川崎、今村、梁地、峰、浦、三浦、林田、堀口、長浜、田中、成清、岡本、吉田、藤川、八重石、岩崎、早瀬、田口、橋口(海星)
●第13回NHK杯 長崎地区予選準優勝 長工1−2長崎東 県大会は天候不順で中止
●第47回全国大会西九州大会初出場 長工0−6武雄(佐賀)
westkyushu

 

第36回九州大会(1965年昭和40年)

県大会
1回戦 長崎工3−9島原

第13回NHK杯大会(地区予選優勝。県大会は雨で中止)

長崎地区
1回戦 長崎工12−3海星
長  工 0 3 1 2 2 2 2 12
海  星 0 0 1 1 0 0 1 3

(7回コールド)
(長工)山内−梁池
(海星)夫津木、高比良、島ー玉川

準決勝 長崎工7−2長崎商
長  工 0 0 0 2 0 4 0 1 0 7
長  商 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2

(長工)中山、山内−梁池
(長商)岩崎、村瀬、吉松−塚本
▽三塁打 山内(工)、岩崎、西村(商)

決勝 長崎工 1−2長崎東
長 工 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
長崎東 0 0 0 0 0 0 0 0 2

(長工)山内ー梁池
(長商)河本ー五島
県大会
天候不順で中止

第47回全国大会

県大会
1回戦 長崎工8−3佐世保南
長  工 5 0 0 2 0 0 1 0 0 8
佐世保南 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3
(長工)山内ー梁池
(長商)河本ー五島
▽本塁打 藤山(長工)
▽三塁打 梁池(長工)
▽二塁打 松村、古澤(長工)

2回戦 長崎工4−2瓊浦  新聞記事click here 新聞記事click here 新聞記事click here
長 工 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 4
瓊 浦 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
(延長10回)
(長工)山内ー梁池
(瓊浦)谷川ー角
▽三塁打 浦田(瓊)
▽二塁打 梁池、藤山(長) 、内山(瓊)

3回戦 長崎工3−2猶興館  新聞記事click here 新聞記事click here
猶興館 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2
長 工 0 0 0 1 1 0 0 1 × 3
(猶)宮本ー尾崎
(長)山内ー梁池
▽三塁打 田原(長)
▽二塁打 松村、阿部(長) 、大宅(猶)

代表決定戦  長崎工4−1西海 新聞記事click here
西海学園 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
長  工 0 0 0 0 3 0 0 1 × 4

(西海)辻、米丸—石井
(長工)山内−梁池
▽二塁打 梁池(長工)

西九州大会

長崎工0−6武雄 新聞記事click here
武 雄 0 0 0 0 0 0 0 4 2 6
長 工 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(武雄)岸川—有園
(長工)山内—梁地
▽三塁打 有園(武雄)
41

第37回九州大会 秋

長崎地区
2回戦 長崎工10−1長崎南
準決勝 長崎工0−1長崎商
県大会
2回戦 長崎工9−2佐世保商
準決勝 長崎工3−4海星


昭和41(1966)年

昭和41年(1966年)田口和雄監督
●3月 今村圭一(OB会理事)、山内英夫(事務局長)卒業
●主将 古澤正美、副主将三縄宣郎※、サードはファイター宮崎信光、ショート峰増 博(逝去、駒沢大学在学中4年間休みの帰省中長工野球部のコーチに通った)、田原剛太郎※、森武彰則、洞ノ上貞俊(7名)中山ー高比良の2年生バッテリーで3年生を支える、
●第48回全国大会代表決定戦 長工1−2佐世保工
3回戦の相手は九州経営、古澤主将を中心にまとまった長工はプロ野球に二人も入るという強豪九州経営(現創成館)を1−0で完封した。
しかし県大会の代表決定戦では中山茂が好投し押し気味だったが、佐世保工に1−2と惜敗した。
41natu

第38回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工6−5長崎商  新聞記事click here
県大会
1回戦 長崎工2−4島原   新聞記事click here

第14回NHK杯大会

長崎地区
1回戦 長崎工11−1長崎商

第48回全国大会

1回戦 長崎工1−0長崎商   新聞記事click here  新聞記事click here
3回戦 長崎工1−0九州経営   新聞記事click here 
代表決定戦 長崎工1−2佐世保工 新聞記事click here 
長  工 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
佐世保工 0 0 1 0 0 0 0 1 × 2

(長工)中山—高比良
(佐工)蛭子谷−米丸
▽二塁打 中原2(長工)
43nakayama

第39回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工1−2長崎南
2回戦 長崎工2−4海星

第22回NHK杯大会

長崎地区
2回戦 長崎工14−4造船大付
準決勝 長崎工0−2長崎商

第56回全国大会

県大会
1回戦 長崎工4−6諫早

第55回九州大会

長崎地区
1回戦 長崎工2−1長崎北     
2回戦 長崎工3−4五島

このページのトップに戻る